Weegoが選ばれる理由

Happy Baby

人間工学に基づいてデザインされたウィーゴの二重構造パウチが、赤ちゃんの安全と心地よさを保証します。

日本でも大ブームのベビーキャリア。しかし残念なことに大半の商品がベビーキャリアの基本条件を満たしていないのが現状です。

新生児における股関節のもっとも自然な肢位は開排位というカエルのように左右に開いた形です。しかし、キャリアから赤ちゃんの脚がまっすぐに垂れ、赤ちゃんがまたでぶら下がるデザインが多く販売されています。この体勢は股関節脱臼や腰の反り返り(ホローバック)の誘因になるだけではなく、赤ちゃん自身の体重が分散されないため、発育中の背中に大変負担がかかります。

Weego Inner Pouch

赤ちゃんが座った姿勢でいられるデザインのキャリアは、赤ちゃん自身の体重をお尻と腿に分散し、発育中の腰・骨盤に負担をかけず、背骨の圧縮を防ぎます。腰がしっかり据わる前、つまり一人座りできるようになる前の赤ちゃんにとり、正しいサポートがない状態で長時間座った姿勢でいるのは大変辛いことです。

ウィーゴのインナーパウチは腰の据わる前の新生児を両脇でしっかりと支えるので、赤ちゃんの背骨に余計な負担をかけず、内臓の圧迫を防ぎます。


Weego Inner Pouch

片方がけのデザインも人気ですが、これらは赤ちゃんの体重が左右均等に分配されないため、大人の肩こりや腰痛の原因になりかねません。ウィーゴは赤ちゃんの体重が左右均等にかかるうえ、腰でも支えるのでとても楽。

ウィーゴベビーキャリアは赤ちゃんと共に「成長」します。発達段階に沿ったサポート機能が備わっているので長期にわたって安心してご使用いただけます。

Why Weego?
赤ちゃんを抱っこ・おんぶするときは、重心が高いほうが楽だということをご存知ですか?赤ちゃんの位置が高いと大人の重心が安定し、お子さまの重みも軽く感じられる上に安定した抱っこ・おんぶができます。逆に位置が低いと、不安定な重心を直そうとして大人は前かがみになりがち。ウィーゴは赤ちゃんが座る高さを上下に3段階、簡単に調節することができるので、赤ちゃんの頭を高い位置に保ったまま、成長に合わせて長期間安心してご使用いただけます。

また低い位置での抱っこのデメリットは大人が疲れる、姿勢が悪くなるなどにとどまりません。赤ちゃんの位置が低いと、キャリアから出た脚が大人の大腿の部分に触れてしまいます。その際、大人の一歩一歩の脚の動きが赤ちゃんの脚に不自然なプレッシャーをかけ、後方に押してしまうのです。まだ関節がゆるい新生児の股関節脱臼の誘因にもなりかねません。

ウィーゴベビーキャリアのユニークな2重構造パウチは乳幼児の背骨を無理なく支え、脚と腰の自然な姿勢を保よう、人間工学に配慮してデザインされています。

Weego Outer Pouch

アウターパウチの調節カラーストラップ部分は首が据わる前の新生児の首と頭をしっかりと支え、守ります。ダブルパウチシステムが小さなお子さまを優しく包み込むので、レッグホールからすり抜ける心配もありません。

大きなお子さまはカラーストラップを両脇の下で留め、レッグホールから両脚を出してご使用できます。アウターパウチの両サイドにお子さまの手を通すアームホールもあります。

40年以上の経験と信頼を誇るウィーゴは安心して新生児から2歳までご利用できます。家事、お買い物、お散歩、旅行など、お子さまとの毎日をより快適に過ごすお手伝いをします。

Livig with Weego


ソフトベビーキャリアは一般的に抱っこしかできませんが、ウィーゴは対面抱っこ、前向き抱っこ、おんぶの3WAYタイプのデザインです。抱っこには重すぎるお子さまでも楽におんぶができるので長期間ご使用可能。誰にでもわかりやすい使用方法なので、3通りとも説明書を一度読むだけで簡単に装着できます。

インナーパウチはお子さまの成長に合わせてスナップで簡単にサイズ調節できるシステム。また全てのストラップにサイドリリースバックルが付いています。ご使用者の体型に合わせて片手で楽にスライド調節ができますので、どんな体型の方でも快適に着けられます。

ウィーゴ物語


1960年代、アフリカのピースコープス(米国政府のボランティア活動部隊)で働いていたマイクとアン・ムア夫妻は驚く発見をしました。

アフリカの赤ちゃんは、おぶられている間ほとんど泣かない。

数年後、ムア夫妻は女の子を出産。その時、アフリカの満ち足りた赤ちゃんたちを思い出さずにはいられませんでした。そこでアンは母親と一緒に世界初のソフトベビーキャリアを手作りで作ったのです。結果は大成功。常に居心地良くベビーと触れ合うことで、赤ちゃんの泣く時間が著しく減少したのです。 


Ann Moore


アンの発明に周囲は感激し、一躍大人気に。もともと友達や家族のためだけに作っていたキャリアも、70年代半ばには両手が自由になる初のソフトベビーキャリアとして世界中で販売されるようになりました。アメリカのスミソニアン博物館でパーマネントコレクションとして展示されたり、ウォールストリートジャーナルは『20世紀における最も重要な発明の一つ』にアンのベビーキャリアを選びました。これが当時『先天性股関節脱臼から守り、内臓を圧迫することなく、縦に抱く画期的なベビーキャリア』として日本でも大人気だったスナグリです。

今ではムア夫妻にもお孫さんたちがいます。現代のアクティブな親たちのためにオリジナルベビーキャリアをアップデートしてくれないか、という周りの強い希望に答え、改善を加えた結果がWeegoベビーキャリアなのです。

*現在スナグリの名前で販売されているベビーキャリアとは関係ありません

Weego使い方の動画


画像をクリックするとYouTubeにジャンプします。


クリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします クリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします

ページトップへ