赤ちゃんは抱っこが大好き!





子宮内で赤ちゃんはお母さんの心音、歩調、声などに慣れ親しんで成長します。出産後の赤ちゃんは、お母さんと密着する事により同じリズムを感じリラックスします。このリズムが赤ちゃんの様々な神経を刺激し、健全な成長発達を促すのです。多くの研究の結果、頻繁に抱かれることが赤ちゃんに多大な影響を及ぼすことが判明しています。 

・赤ちゃんに満足感を与え、泣く回数が減少(ストレスの軽減に基づく余剰エネルギー消費の軽減)

・親子の絆を深めます

・赤ちゃんに自信を植え付けることで幸福な人格を形成します

・身体、精神、言語能力、運動神経、平衡感覚などの健全な発育

正しい抱っこが赤ちゃんの背骨の後湾を守ります。


Cカーブの後湾


人体の脊柱は直線的ではなくS字状を呈しています。しかし赤ちゃんの背骨は子宮の内ではC型で、産まれて間もない新生児も同様です。だんだんと首の骨に前カーブ(前湾)ができてくると、首が据わってきます。歩き始める頃には腰の骨(腰椎)にも前湾ができ、背骨全体の「S字状カーブ」がしっかりとしてきます。人はこの生理的彎曲の背骨により体のバランスを保ち、4〜6Kgの頭部の重量を支えて地面からの反作用をも吸収し、2本足で立ったり歩行したりしているのです。

新生児期はこの生まれながらに備わっている「Cカーブ」の後湾を首が据わる時期まで保つことが大切です。背骨がまっすぐだと、首の前湾が浅くなってしまうからです。産後すぐに布団やベビーカーなど平らなところばかりに寝かされていると、無理に背骨の後湾を伸ばし、新生児の背骨の健全な発育を妨げてしまいます。

生まれてから歩き始める頃までが、一生のうちで最も発育・発達が著しい時期。この時期に健康な後湾を保ち、新生児の背骨に負担をかけず、正しく抱っこしてあげることは赤ちゃんの発育・発達に重要な意味を持っています。

Weegoベビーキャリアは赤ちゃんに健全な発育を促すだけでなく、新しい発見をする余裕と自信を与えます。そして親には子供の冒険と成長を一緒に楽しむゆとりが生まれるのです。