FAQ

<なぜベビーキャリアを使うべきなのでしょうか?>

赤ちゃんにとり、ママとの密着感を感じることはとても重要です。 赤ちゃんの抱っこ効果は医学的に確立されています。

  • 赤ちゃんの知覚を刺激する
  • 赤ちゃんと両親の間のアタッチメント(絆)を深める
  • 赤ちゃんの健全な発育を促進する

このような研究の結果、赤ちゃんを頻繁に抱っこするママは、より早く赤ちゃんの要求を理解することも判明しています。


<なぜWeegoベビーキャリアを選ぶべきなのでしょうか?>

ウィーゴは単なる実用的な「赤ちゃんを運ぶ道具」ではありません。ウィーゴは新生児から安心しておんぶもできるため両手が開き、いつでも赤ちゃんと触れ合いながら日常生活を送ることができます。

また、良いキャリアを選ぶにあたって、下記の重要な点をクリアしているかを確かめる必要があります。

  • 首がすわる前の赤ちゃんの首がしっかりサポートされている
  • 腰がすわる前、つまり一人で座れるようになる前(生後7〜9ヶ月)の赤ちゃんの腰に負担をかけない構造
  • 赤ちゃんが自然な体勢で座っている(脚が開いてM字に屈曲している)
  • 赤ちゃんが座った時、背中がホローバック状態(反り返り)にならない
  • 赤ちゃんの脚や腕にキャリアが食い込まない

残念なことに、全ての条件をクリアするベビーキャリアは以外と少ないのが現状です。

40年以上の経験と実績を持つWeego。そのオリジナル2重構造パウチで赤ちゃんが常に居心地良く座れることを保証し、首と背中をしっかりと支え、さらに股と脚を健全な発育に適した形にキープします。


<連続使用期間は何時間ですか?>

新生児はまず10−20分間から始めて様子をみてください。

除々に時間を延ばし、生後2ヶ月頃からは何時間でも大丈夫です。 


<生後いつ頃からベビーキャリアを使用できますか?>

Weegoベビーキャリアは赤ちゃんの体重が2700g以上あれは、出産当日から使用可能です。

それ以下の体重の赤ちゃんには、Weegoプリーミーをお勧めします。(1600g以上から使用可能)


<ベビーキャリアの適応体重と適応年齢は?>

Weegoベビーキャリアは12kgまで使用可能です。

年齢制限は特にありません。赤ちゃんがハッピーで、ママが重たく感じなければ問題ありませんが、基本的には24ヶ月までとお考え下さい。

抱っこには大きすぎる赤ちゃんや、重すぎる場合でもおんぶなら楽にできます。赤ちゃんは周囲を見渡したり、ママの動作を観察することもできます。 


<正しく使用しているかを確認するにはどうしたら良いですか?>

まずご自分の体型に合わせてウィーゴの肩ストラップと腰ベルトを調節した後、赤ちゃんを対面抱っこした状態でベッドやソファーなどに仰向けに横たわってください。その際インナーパウチの隙間に指が丁度2本入る程度までインナーパウチのベルトを締めます。

また新生児の場合は、立った状態で赤ちゃんの頭がご自分の胸の高い位置にぴったりと寄り添い、耳の辺りでアウターパウチの裾が頭をサポートしていることもご確認ください。まだ赤ちゃんが小さく、高さが足りない場合はアウターパウチの裾を外側に折り曲げて調節してください。赤ちゃんが成長するにつれてインナーパウチのスナップを下げ、常にこの頭の位置をキープしてください。

赤ちゃんの身体が密着し、ベビーキャリアの位置が高いほど安定感があり、赤ちゃんにとってベストなだけでなく抱っこをしている大人も楽に感じます。


<ベビーキャリアを使って赤ちゃんに障害を与えることはありませんか?>

不適切なデザインのキャリアを使用した場合、可能性はあります。


<インナーパウチのジッパーがうまくあがりません>

まずはインナーパウチの高さ設定が赤ちゃんに合っているかお確かめください。また体重が 4kg以上の場合はインナーパウチの両脇にあるセーフティーボタンを外してください。

赤ちゃんの全体重がずっしりとかかった状態であげる際は、ジッパーの 上の部分を摘みながらあげる、またはバックルを留めたあと、バックルを上に引き上げながらあげるとスムーズにできます。

詳しくは使い方ビデオをご参照ください。


<ベビーキャリアを好まない赤ちゃんはいますか?>

非常にまれですが、好まない赤ちゃんもいるようです。

殆どの赤ちゃんは抱っこされるのが大好きです。早い時期にキャリアを使用するほど、ママも楽しく子育てができます。

赤ちゃんが使用初めにWeegoを嫌がってもすぐに諦めないで下さい。歩いたりリズムをとりながら動いてあげると、ご機嫌になります。生後6〜9ヶ月で初めてWeegoに乗る赤ちゃんは2、3回の使用で慣れ、すぐに気に入るはずです。


<短時間の使用でも赤ちゃんを重く感じます。どうしたら良いでしょうか?>

出産後すぐに使い始めた場合、ママの筋肉も慣れ、除々にトレーニングされるので重みを感じません。赤ちゃんがすでにある程度重くなってから使用開始した方 は、体を慣らすためにゆっくりと焦らず使用時間を延ばして行くことをお勧めします。

また、抱っこをする際はコンフォートストラップを一番下まで下げることで肩への負担がかなり軽少されます。


<私の赤ちゃんに一番適したポジションはどれですか?>

新生児の赤ちゃんには対面抱っこが一番適しています。ママと赤ちゃんが寄り添えるので、赤ちゃんはあっという間に夢の中。そのうえ、赤ちゃんもママもお互いの顔が見れるので安心です。

前向き抱っこは「冒険」ポジションです。赤ちゃんの首がすわってからは、前向き抱っこで動物園やハイキングをお楽しみ下さい。

体重が増えた赤ちゃんでも、Weegoでおんぶ(バックキャリーポジション)をすればラクラク。ママは両手が開き、赤ちゃんはママの動作を眺めることができます。


<よく泣く赤ちゃんにWeegoは効果的ですか?>

ソフトベビーキャリアは、特によく泣く敏感な赤ちゃんに効果的と立証されています。ママの動き、ぬくもり、密着感が赤ちゃんに安心感を与え、眠りへと誘い ます。そのお陰で新米ママのフラストレーションも減少されます。


<Weegoを着用したまま授乳はできますか?>

勿論です!簡単なステップで母乳をあげることができます。

1)コンフォートストラップを外し、両肩のひもを少々緩める

2)母乳をあげる側の肩ひもから腕を抜き、内側に折り込む

3)赤ちゃんを授乳の位置に傾ける

Weegoに赤ちゃんを入れたままの授乳で、ママの腕や腰の負担が軽少されます。授乳クッションなどが無い場合などに特に便利。 外出先でも簡単に授乳できます。人目が気になる時は、外側のパウチを赤ちゃんの頭上まで引き上げると目立ちません。


<お店でWeegoを買う事はできますか?>

現在は買えません。オンラインで購入するか、助産婦さんや看護婦さん、フィジオセラピストなど資格を持った方から買うことができます。

Weegoではこのような販路を広めたいと考えています。上記の専門家でご興味のある方はご連絡下さい。


<お勧めのカラーはありますか?>

日本の気候は、ヨーロッパに比べ夏はかなり湿度が高く、冬は比較的暖かいのが特徴です。ブラックは厚手の コットンなので、北海道など寒い地域の方にお勧めです。通気性が一番優れているのはシアサッカー地です。 春・夏に頻繁に使用する場合はこのタイプをお勧めします。また、ブルーペピータも薄手の綿ですが、 お母さんの体温が伝わるため、全て冬期でも問題はありません。(もちろん、赤ちゃんに暖かい服を着せた場合 です)心配な場合は、ベビーキャリアの防寒用カバーも色々市販されているようです。


<なぜドイツから配送されるのですか?>

Weegoでは、日本のお客様に商品をできる限りお安く提供したいと考え、航空便で本社から直送する方法をとっ ています。(Weegoの本社はドイツにあり、在庫もドイツにあります)日本で在庫を抱えたり、卸売業者(商社 など)を通しますと、現在の値段を維持できなくなってしまいます。また、現在送料一律1500円で申し受けてお りますが、これはあくまでもお客様負担分であり実送料ではありません。残りはWeegoが負担しております。この送料を保つために、簡易梱包でお送りしています事を予めご了承ください。


<ギフトラッピングはしていますか?>

大変申し訳ございませんが、現状ギフトラッピングの対応はできませんのでご了承ください。